男女問題 離婚

旦那と別れたい12の理由と旦那と別れたい妻が取るべき行動

旦那と別れたい理由は様々です。「もう結婚生活が辛い」「今の夫と一緒にいることはこれ以上できない」といった悩みを抱えている人達はいませんか。今回はその人たちのために、旦那と別れたい理由は何か、旦那と別れたい妻が取るべき行動はどのようなものなのかを解説いたします。

旦那と別れたい12の理由

幸せな家庭を築きたいと思ったのに、旦那と別れたいと感じてしまった理由にして、考えていきましょう。

こちらでは旦那と別れたいと考える12の理由について紹介します。

  • 性格が変わったと感じる
  • インドア派とアウトドア派
  • 話題が噛みあわない
  • 放任主義すぎる
  • 短気で暴力がひどい
  • 金銭感覚が合わない
  • 生活費を入れない
  • 収入が激減した
  • 義理の親や兄弟と合わない
  • 家政婦扱いが酷い
  • 親として失格と感じる
  • 生理的に無理

それぞれ詳しく確認しましょう。

旦那と別れたい理由① 性格が変わったと感じる

性格が変わったと感じるというのは性格の不一致に近いかもしれませんが、実際に旦那と別れたいと考えてしまうほどの理由となることがあります。

それは「釣った魚に餌をやらない」タイプの旦那と結婚した人です。

交際目当ての方はつき合っている段階である程度見抜けますが、結婚目当ての旦那さんだと結婚した後に性格が急に冷たくなって別れたいと感じるようになるでしょう。

旦那と別れたい理由② インドア派とアウトドア派

こちらも性格の不一致に属するものですが、そもそも夫婦でインドア派とアウトドア派に別れてしまっていると、旦那と別れたいと思ってしまう日々が一気に増えます。

例として、妻がアウトドア派で時間が空いているのなら温泉や遊園地といった場所にできる限り遊びに行きたいと誘っても、旦那はインドア派でできる限り家でゴロゴロしたいと考えている人なら休日のたびに旦那と別れたいという気持ちが芽生えてしまうでしょう。

旦那と別れたい理由③ 話題が噛みあわない

話題が全くかみ合わないと旦那と別れたいと思う気持ちは増えます。

特に、無口なタイプの旦那さんでどんなことを問いかけたとしても反応がそっけないと冷めてしまいます。

この冷めてしまうのは恋愛感情も一緒なので、ともに行動したくないと考えるようになってしまい、旦那と別れたいと考えるようになるでしょう。

旦那と別れたい理由④ 放任主義すぎる

昔はお金さえ入れてくれれば旦那さんは外で元気に働いている状況のほうが好まれていたかもしれませんが、今ではこのようなタイプははっきり言って一緒にいる意味がないと思われてしまうので、別れたいと思われてしまうことが多いようです。

一緒にいる意味がないと疑問を持ち始めたら旦那と別れたいと思うのは当然でしょう。

旦那と別れたい理由⑤ 短気で暴力が酷い

一番駄目なタイプが暴力を振るってくる旦那さんです。

特に短気なタイプの人はこの傾向が強いでしょう。

感情のコントロールは家の中にいたって重要なことなのですが、家の中でもそれが全くできない人は大喧嘩になってしまったり乱暴したりするケースがあります。

この手のタイプの旦那さんとは一緒にいると傷つけられるので、別れたいと思うのはよく分かります。

旦那と別れたい理由⑥ 金銭感覚が合わない

性格の不一致に属するもので、よくトラブルになるのが金銭感覚の不一致です。

例えば、旦那が浪費家でちょっとお金があるとすぐにほしいものに手を出す人だと、少しでも将来のために溜めておきたいと考える妻と考えが全く合いません。

逆に、旦那がものすごい倹約化で絶対に贅沢をしないというタイプの人だと気疲れしてしまい、別れたいと感じてしまうことがあります。

旦那と別れたい理由⑦ 生活費を入れない

金銭感覚が合わないがさらに悪化したケースです。

自分が遊ぶためのお金欲しさに、生活費を一切入れない旦那さんもしばしばいます。

こうなると生活が一気に苦しくなるので、仮にお子さんがいた場合は大問題となるでしょう。

このようなタイプの旦那さんもはっきり言って駄目なタイプと言えるので、別れることが増えてしまいます。

旦那と別れたい理由⑧ 収入が激減した

女性が社会に進出するようになっている世の中ではありますが、それでも男性のほうが稼いでいるというケースは多々あります。

しかし、その旦那の経済力が一気に低下してしまうと別れることを考えてしまうのは致し方ないことでしょう。

このタイプで多いのが、会社が倒産して転職をするケースです。

どんな大企業でも何らかのトラブルで倒産してしまったり事業縮小に伴うリストラが行われる世の中なので、何が起こっても不思議ではありません。

旦那と別れたい理由⑨ 義理の親や兄弟と合わない

これは旦那に問題があるわけではありませんが、旦那側の家族と相性が悪いというケースです。

夫婦生活は問題ないとしても姑や舅と相性が悪くて一緒にいることが苦痛と感じてしまう人はたくさんいます。

この人間関係を解消する方法は旦那と別れるといったものしかないので非常に難しいものと言えます。

旦那と別れたい理由⑩ 家政婦扱いが酷い

結婚当初は幸せな生活をしており、お互いがお互いを支え合って生活していくことになるでしょう。

しかし、それは緊張感やちょっとした義務感からきているものかもしれません。

稀に、この緊張感や義務感が無くなってしまうことで旦那さんがだらしなくなってしまい、自分の事すら自分でやらなくなることがあります。

つまり家政婦扱いということです。

こうなると旦那さんと別れたいと考え始めてしまいます。

旦那と別れたい理由⑪ 親として失格と感じる

母親は自分の体から産み落とした子供に対する愛情が父親よりも深くなる傾向にあると多くの方は解説いたします。

そのため、稀にですが旦那さんが親としての自覚が全くなく子供に対する愛情も感じないで、子育てもほとんどしないことがあるのです。

つまり、旦那さんとしては優秀でも「父親としては失格」というタイプになります。

旦那と別れたい理由⑫ 生理的に無理

様々な嫌悪の感情がつのることで生理的に旦那さんが無理と感じるようになり、一緒にいることが不快に感じてしまうことがあります。

どういうことかというと、口臭や体臭といったものが受け付けられなくなり、その人が脱いだ服にも気持ち悪さを覚えてアレルギー反応が出始めるということです。

こうなってしまっては一緒に暮らすことは不可能でしょう。

旦那と別れたい妻が取るべき行動


それでは旦那と本気で別れたいと考えた方が取るべき行動について考えていきましょう。離婚に向けては2つのフェーズがあります。それは離婚の意思を明確にする段階と、実際に具体的な手続きに移る、2つになります。

それぞれについてやるべきことを確認しましょう。

旦那と別れたいかの意思を明確にする際の行動

行動① 本気で別れたいかを考える

これは人によりますが、旦那と別れたいという感情が病的に発するようになってしまうことがあるのです。

つまり、特に理由もなく別れたいと感じてしまうようになるというものなのですが、はっきり言って原因は不明であり衝動的なものなので後先は全く考えられるものではないのです

そのため、まずは本気で別れるのかどうか、一度気持ちを落ち着かせて考えてください。そこで、絶対に別れると考えたのなら別れるための準備をしましょう。

行動②家族や親しい知人に相談してみる

第三者の意見を取り入れることで、冷静に物事を判断しやすくなります。突発的に分かれてしまうと、今後の生活費の負担が大きくなったり、住む場所に困ったりと不具合が発生しやすいです。

家族や親しい知人であれば離婚後についても考えてくれるし、場合によっては支援をしてもらえることもあります。

もちろん離婚せずに済むような方法を考えてくれることもあるので、自分の主観で動かずに第三者の目線を持つことを意識しましょう。

行動③相談の上、別居生活をしてみる

まずは旦那と相談し、別居生活を検討してみましょう。長年一緒に生活を続けていると、どうしても相手の嫌な部分にばかり目が行くようになります。その状況では離婚という答えしか生まれないでしょう。

一旦別居という形で距離を置くことで、旦那のありがたみがわかるようになるかもしれません。

旦那と別れたい!と感じたら、まずは別居から始めて、様子を見るようにしてみてください。

行動④離婚後の生活を考える

結婚生活が短いのなら、離婚後もそこまで生活は変わらないでしょうが、結婚生活がある程度あったうえでの離婚の場合、その後の生活は大きく変わることが良くあります。

その影響の有無は子供がいるかどうかでも大きく変わってくるのですが、子供がいる場合は親権や養育費といったものをどうすればよいのかを離婚前に決める必要があるでしょう。

そのため、離婚協議書の作り方や公正証書の作り方を知る必要があります。

これも弁護士に相談するといいでしょう。

旦那と別れる意思が固まったらするべきこと

自分でしっかり考え、親や心友の意見なども取り入れたうえで離婚を決断したのであれば、離婚に向けて行動を起こしましょう。

こちらでは旦那と別れる意思が固まったらするべきことについて説明します。

行動①離婚に必要なたしかな情報を集める

まずは、離婚に必要な情報を集めるようにしましょう。離婚と一口に言っても、原因はさまざまです。

旦那の浮気だったり、DVだったりする場合は、ボイスレコーダーや興信所を使って必ず証拠を集めておいてください。

情報を集め、なぜ離婚がしたいのかしっかりと説明できるようにしておけば、今後の離婚協議がスムーズに進みます。

行動②協議離婚の手続きを進める

次は協議離婚の手続きを進めてください。協議離婚は日本で最も一般的な離婚の種類で、裁判所が関与せずに話し合いで解決させる方法です。

協議離婚であれば離婚理由や事情に制限が無いので、双方の合意さえ得られれば離婚を成立させられます。

もし旦那と話すことができないくらい追い込まれているのであれば、弁護士などの第三者を介すようにしてください。

協議離婚なら手間もかなり少なくなるので、まずは話し合いでの離婚を目指すようにしましょう。

行動③裁判で離婚となった場合、弁護士に相談する

協議離婚がうまく行かず、裁判で離婚となった場合、弁護士に相談するようにしましょう。

なぜなら裁判を介すると、理由を深く追及されてしまうからです。

基本的に裁判で離婚する場合は、以下の理由に該当している必要があります。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みがない精神疾患
  • 婚姻を継続しがたい重大な事由

これらの証明を裁判で行う必要がありますが、素人が説明するのは難しいです。

また離婚が成立しても、その後の慰謝料や財産分与などで不利益を被る可能性があります。

離婚に強い弁護士に任せることで、少しでもこちらに有利な状態で離婚ができるようにしましょう。

でも待って!旦那と別れることのリスクも知ろう

旦那の嫌な部分ばかりが目につき、今すぐにでも離婚を進めたいと考える気持ちはわかりますが、旦那と別れることのリスクを考えることも重要です。

勢いだけで離婚をしてしまうと、今後の生活でかなりの苦労を強いられるかもしれません。

特にお子様がいるとその状況に陥りやすいため、リスクをしっかりと頭に入れたうえで離婚を検討するようにしましょう。

経済的に自立しなけばいけない

離婚が一番大きく影響する点は、経済面です。離婚をすると旦那の稼ぎ分の収入がなくなるため、生活できるような収入を1人で稼がなければなりません。

特に離婚したての頃は新たな居住地や生活に必要な家具・家電の購入で出費が多く、生活面で困窮することが多いです。

財産分与や慰謝料が少なければ少ないほどつらい思いをすることになるため、離婚後もちゃんと経済的に自立できるかしっかりと考えてから離婚を決断しましょう。

経済状況によっては親権を得られない可能性もある

離婚後の経済状況に不安があると、親権を得られないかもしれません。

家庭裁判所は親権を「子供を十分に養育していけるか」「子供のためにはどちらを親権者とした方がいいか」という基準で判断します。

よって経済力が無い状態だと判断されると、親権が相手に渡る可能性が高いです。

確実に親権を得るためにも、裁判所に説明できるだけの経済力を離婚前に身につけられるか考えましょう。

期待していた慰謝料額を貰えない可能性がある

離婚協議前に期待していた慰謝料をもらえない可能性が考えられます。

なぜなら旦那側も弁護士を用意し、なるべく慰謝料を少なくできるような施策や証拠を用意してくるからです。

例え旦那の不貞行為や暴力で離婚したとしても、こちらに少しでも非があると慰謝料の額は下がってしまいます。

財産分与なら確実に2分割と言えますが、慰謝料の額は変動すると考えておきましょう。

旦那と別れたい12の理由と旦那と別れたい妻が取るべき行動のまとめ


今回は、旦那と別れたい様々な理由と旦那と別れたい妻が取るべき行動について考察してまいりました。

旦那と別れたいと感じる瞬間というのは人それぞれでしょうが、一度でも心の中で「この人と一緒にいたくない」という考えが出てしまうと、心が乾いてしまい離れがちになってしまいます。

そのため、離婚をしたいと考えるようになってしまったのなら、一度離婚問題に強い弁護士に相談して慰謝料請求や養育費といったものはどうしたらいいのかを相談しておくといいでしょう。

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ その他 トラブル プロフィール モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚