カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫への誘い?既婚者から告白された場合の対処法5選

既婚者からの告白された場合、どのように対処すればよいのでしょう。相手が会社の上司など、自分よりも立場が上の場合、下手に断れば、逆恨みされて嫌がらせを受ける場合もあります。不倫の誘いを上手に断るには、どうすればよいのでしょう。

弁護士からの連絡を待つ

不倫への誘い?既婚者からの告白

不倫への誘い方は、仲の良い既婚者なら、あからさまに告白してくるケースもありますが、そこまで親密な関係でない場合は、何か理由をこじつけて、二人きりになるチャンスを作ろうとしてきます。


例えば、上手に不倫を誘う人なら、会社の仕事の手伝いをするようにお願いをする、困っていることがあれば助けようとするなど、下心を見せずに、あなたとの接点を増やして距離を近づけようとしてきます。

そして、あなたとの距離が縮まった頃合いを見計らって、告白をするなり、二人きりで食事をするなどのデートに誘うことでしょう。

告白がない場合も、「二人きり」での食事を誘ってくる時点で、不倫の関係を求めていると考えられる場合もあります。

このような二人きりのデートが続くようだと、やましいことがなくても、会社の人に不倫をしているのではないかと疑われ、さらには相手の配偶者にも不倫を疑われて、ややこしくなる場合があるので、不倫を疑わせるような行為は慎むべきです。

今回はそんなときの対処法と考えられるトラブルを見て行きましょう。

  • 既婚者から告白された経験のある人 は特に要チェックです!

不倫したい既婚者から告白された場合の対処法5選

worried-girl-413690_640
 

既婚者から告白された時、うまく断る方法はないのでしょうか。

告白を断っても、相手との関係がこじれないようにするには、どうすればよいのでしょう。

1:既婚者は恋愛対象外であることを話してみる

既婚者から告白された場合、思い切って「既婚者を恋愛対象として見ることができない」と正直に話すべきでしょう。

告白を断る時に、断り方が分からずにモジモジしていると、それが相手には恥ずかしがっている、または交際について少しは考えてくれていると勘違いさせてしまう恐れがあります。

恋愛対象外なので、脈がないということをはっきりと理解させましょう。

ただし、告白を断る時は相手に不快な思いをさせてはダメです。

「○○さんは素敵な方だと思いますが、既婚者は恋愛対象外なので付き合えません」というように、相手を少し持ち上げて断った方が角が立ちません。

間違っても、「既婚者なのに何を考えているのですか?」という反論を伴う断り方はNGです。

それが正しい主張であっても、不倫を断られた相手は面白くないでしょうし、反感を買い、逆恨みされてしまう可能性があります。 

2:奥さんや夫と別れることを提案する

既婚者に少しでも好意があれば、告白されても嫌な気持ちはしないでしょう。

不倫でも好きな人と付き合えるのならいいかとも思いがちですが、不倫が発覚して泣くのはあなたです。

その既婚者があなたのことをどれだけ本気で愛しているかを試すためにも、付き合う前に、奥さんや夫と別れることを条件に出して付き合う方法もあります。

この条件は決して曲げてはいけません。不倫をするために奥さんや夫と別れる人は、まずいません。

配偶者との離婚に応じないのに交際をしたがる人は、残念ながら、あなたのことを都合の良い遊び相手としか見ていません。

3:他に好きな人がいることを話す

告白をされたとき、他に好きな異性がいると話すことも、自分を諦めてもらう有効な手段となります。

好きな人以外に、恋愛対象として見ることができないとはっきり伝えれば、相手も納得できる理由ですし、脈がないことが分かるので、不倫ができると期待させずに諦めさせることができます。 

4:信頼できる相談機関に相談する

告白をしてきた相手が自分より社会的立場が上で、下手に告白を断ることができない場合に有効です。

信頼できる相談機関とは、例えば、相手が同じ会社の上司ならば、会社の人事部などがこれにあたります。

ただし、告白について人事部に相談したことが分かれば、逆恨みされる可能性があるので、そこは人事部にうまく配慮してもらい、告白をしてきた既婚者に直接注意をするのではなく、いきなり遠くの部署に異動させるなど、物理的に離れることができるようにお願いをしてみましょう。

また、NPO法人でも、不倫のことに詳しい専門のカウンセラーがおり、無料で相談ができるので相談してみましょう。 

5:不倫問題に強い弁護士に相談する

既婚者からの告白を断ったのに、それでもなお諦めずにあなたに告白し、それを迷惑に思っている場合は、弁護士に相談するという方法もあります。

いつまでも未練がましく、あなたに付きまとう行為は、ストーカー行為へと発展する可能性があります。

間違っても、このような人と不倫をしてはいけません。別れた後に付きまとわれる危険性があります。

相手の行動が少しでも異常に感じることがあれば、問題が深刻になる前に弁護士に相談しましょう。

不倫の問題に強い法律事務所であれば、不倫に関わるいろんなケースを見てきているので、しっかりと対応してくれることでしょう。

【不倫への誘い?既婚者からの告白】考えられる不倫のトラブル

もしあなたが既婚者からの告白を承諾し、不倫に足を踏み入れてしまったら、様々なトラブルの当事者になってしまう可能性があります。
そうならないように、という意味も込めて2つほどご紹介します。

相手の配偶者からの慰謝料請求

慰謝料とは精神的苦痛に対する損害賠償のことで、不倫された場合、配偶者にはもちろん、不倫相手にも慰謝料の請求が可能です。

つまり、もしあなたが不倫相手となってしまったなら、相手のパートナーに対する多大な賠償責任を負うことになるのです。
これはもしあなたが相手のことを既婚であることを知らなかったり、相手が「もう離婚協議中だから」などと嘘をついていた場合でも責任は免れない可能性があります。

不倫相手に対しての慰謝料の額は、不倫をした本人が支払う額に比べたら少ないものですが、それでも200万円以上の支払いが命じられることもあります。

社会的信頼を失う

昔に比べたら少しは寛容になったかもしれませんが、未だに世間の目は不倫という行為に大変厳しいものがあります。

もし不倫の末、本当に愛し合っていたとしても周りが見るのはそんな綺麗な部分ではなく、「夫婦の関係を壊した」というレッテルを貼られるだけでしょう。

本人たちはそれで満足かもしれませんが、その影響が職場や学校に響いたら?最悪の場合職を失い食べていくのにも涙するかもしれません。

さらに、後になって相手から別れを切り出されたらどうでしょうか、また新たな恋愛をすると言っても不倫という行為ばかりに目が行き、パートナー探しも苦労するでしょう。

失った信頼を取り戻すのは容易なことではないのです。

告白され不倫に足を踏み入れてしまいそうだ、という人にはこちらの記事もおすすめ!

不倫への誘い?既婚者から告白された場合の対処法5選のまとめ

fitness-332278_640
 既婚者に告白をされて不倫をすることになれば、あなたに降りかかるその代償はとても大きいです。


不倫が発覚したら、相手の配偶者に慰謝料を請求され、会社では辞職に追い込まれ、挙句の果てには不倫相手の既婚者からも見捨てられる可能性があります。

不倫をして一番傷つくのは、独身であるあなたであると分かっているのに、既婚者という立場でありながら告白してくる人は、身勝手で自分の事しか考えていない駄目な大人であることは間違いありません。

そのような既婚者の告白に惑わされて、あなたの一番充実した時期を棒に振ってはいけません。

人として魅力ある最高のパートナーをゲットするために、既婚者なんて蹴とばして素敵な異性を探しに行きましょう!

思い当たる状況があれば、いち早く弁護士に相談し、どのような法的問題が発生し得るか・どのように対応すべきかを確認するのも一つの手です。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費