男女問題 離婚

別居と離婚はどちらが得?離婚した方がいいケース3選と別居した方が良いケース5選

別居と離婚はどちらが得なのでしょうか。結婚をしたものの、配偶者とうまくいかずに、別々の生活を望む場合には別居か離婚どちらかを選ぶことになりますよね。今回はそれぞれのメリット・デメリットをまとめ、別居と離婚どちらが得かを比較して考えてみましょう。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

離婚と別居はどちらが得か

夫や妻と一緒に暮らせないと思ったら、離婚か別居をする選択肢を迫られます。
 
そのとき、離婚と別居ではどちらが得なのか悩みますよね。
 
別居と離婚には、どちらもメリットとデメリットがあります。
 
なので、まずは別居と離婚のメリットとデメリットを理解し、どちらが得なのか考えてみましょう。

離婚より別居を選んだ方が良いケース5選

 
離婚より別居を選んだ方が良いケースをご紹介します。

離婚より別居を選んだ方が良いケース(1) 離婚に必要となる面倒な手間を省きたい場合

離婚より別居を選んだ方が良いケースは、離婚に必要となる面倒な手間を省きたい場合です。
 
というのも、離婚には面倒な手続きや話し合いが多く、別居を選ぶことでその面倒を回避することができるからです
 
面倒な手続きとは、例えば協議で離婚の話がまとまらず、調停や裁判へ移行した際に必要となる申し立てなどです。
離婚には配偶者と別れることができるメリットはあるものの、そこにたどり着くまでは時間も苦労もかかります
 
そのため、一緒には住みたくないけれど離婚するほどでもない場合は、まず別居からする方が良いでしょう

離婚より別居を選んだ方が良いケース(2) 離婚に必要となる費用を省きたい場合

離婚より別居を選んだ方が良いケースの3つ目は、離婚に必要となる費用を省きたい場合です。

というのも、別居で新居を借りる場合は引っ越し費用等がかかりますが、離婚はその費用に加えて離婚に関する手続きにかかる費用や、場合によっては弁護士費用がかかってくるのです。

そのため、一緒には住みたくないけれどそこまで費用が潤沢にあるわけではない場合は、一旦別居を選び、費用が貯まってから離婚請求をするなどの手段に出るのが良いでしょう。

離婚より別居を選んだ方が良いケース(3) 冷静に考えるチャンスが欲しい場合

離婚より別居を選んだ方が良いケースの3つ目は、冷静に考えるチャンスが欲しい場合です。
 
というのも、離婚や別居で悩むほど夫婦仲が悪い状態で同居しているとより相手の嫌な部分が目についてしまう可能性が高いですが、別居で相手と離れることで相手のありがたみや良さを思い出す機会を作ることができるからです。
 
別居をして冷却期間を置くことで、配偶者への気持ちが変わるかもしれません。

離婚より別居を選んだ方が良いケース(4) 世間の目が気になる場合

離婚より別居を選んだ方が良いケースの4つ目は、世間の目が気になる場合です。
 
というのも、別居であれば苗字が変わらないため職場の人などに察されにくいですが、離婚してしまうと苗字の変化などから察され、離婚したことを質問攻めされる可能性もあるからです。
 
ただ、下記通り、民法第767条により、離婚したとしても手続きをすれば苗字を変えずに生活することも可能です。
第七百六十七条 婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する。
2 前項の規定により婚姻前の氏に復した夫又は妻は、離婚の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる。
そのため、苗字を変えずに離婚したい場合は離婚後の名前どうする?〜苗字や本籍の変更について〜をご覧ください。

離婚より別居を選んだ方が良いケース(5) 配偶者の扶養に入っていたい場合

離婚より別居を選んだ方が良いケースの5つ目は、配偶者の扶養に入っていたい場合です。

というのも、離婚をすると配偶者の扶養から外れ、扶養に入っているから受けられていた制度が受けられなくなってしまうからです。

特にダメージが大きいと予想できるのは、収入がない専業主婦の方や、収入はあるが配偶者より少なく、配偶者から生活費をもらっている方の場合です。

離婚をすると、子供が居る場合を除いて配偶者から生活費をもらうことは難しいため、今のご自身の収入や貯蓄で離婚後の生活が厳しいようであれば、一度別居を選んでから離婚を考えるのが良いでしょう。

別居より離婚を選んだ方が良いケース3選

 
次は、別居より離婚を選んだ方が良いケースをご紹介します。

別居より離婚を選んだ方が良いケース(1) 恋愛や再婚をしたい場合

別居より離婚を選んだ方が良いケースの1つ目は、恋愛や再婚をしたい場合です。
 
というのも、別居中に恋愛をすると不倫行為になりますし、その不倫に肉体関係があった場合は「不貞行為」という民法で定められた不法行為にあたり、離婚請求や慰謝料請求を受ける可能性もあるからです。
 
再婚に関してはもちろん、別居期間中は不可能ですし、離婚後再婚するとしても再婚禁止期間があるため、すぐの再婚はできません。
 
そのため、新しい恋愛を法に問われずしたい場合や早く再婚したいと考えている場合は、離婚をする方が良いでしょう。

別居より離婚を選んだ方が良いケース(2) 手間や費用がかかっても婚姻関係を解消したい場合

別居より離婚を選んだ方が良いケースの2つ目は、手間や費用がかかっても配偶者との婚姻関係を解消したい場合です。
 
前述したように離婚には手間や費用がかかってしまいますが、それでも婚姻関係を解消したいほど心的ストレスが大きい場合は、自分の心身の状態を健康に保つことを最優先で考え、決断しましょう。

別居より離婚を選んだ方が良いケース(3) 財産分与や慰謝料をもらいたい

別居より離婚を選んだ方が良いケースの3つ目は、財産分与や慰謝料をもらいたい場合です。
 
例えば、相手が不貞行為をしていたなど、相手に過失があった場合、慰謝料の請求が認められる可能性があります。
 
離婚をしなくても配偶者に慰謝料請求をすることはできますが、それで慰謝料請求が認められてもお金が家庭内で移動するだけですし、配偶者が要因で離婚に至った場合と至らなかった場合では精神的負担が違うとして、慰謝料額も変わってくることがあります。
 
そのため、財産分与や慰謝料請求をしたい場合は離婚をした上で請求をした方が良いかもしれません。
 
また、離婚すると財産分与も発生するため、夫婦で築いた共有財産の何割かをもらうことができます。
 
もし財産分与や慰謝料請求などに不安がある方は、一度弁護士に相談してみましょう。
 
弁護士なら、代理で交渉してくれることもあります。
 
\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

離婚か別居に悩んだり法的トラブルが発生したら

 
「別居と離婚どちらが得か」という問題は法的な部分も大きく関係するため、非常に複雑です。
 
悩んだときには、迷わず弁護士へ相談しましょう
 
別居をしているけれど、やはり離婚したい、という人も弁護士への相談が離婚への第一歩。
 
どちらのメリット、デメリットも確認しているが、決められない場合も弁護士の力を借りるのが最善です
 
特に男女問題の解決が得意な弁護士なら、知識や経験も豊富なため、あなたの要望に沿った問題の解決が可能です。
 
ぜひ一度相談してみてください。
 
カケコムなら、初回相談を無料で受けている弁護士も在籍しています。

離婚や別居についてお悩みの方は以下の記事もおすすめ

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

別居と離婚はどちらが得?離婚した方がいいケース3選と別居した方が良いケース5選のまとめ

別居と離婚どちらが得かという問題については、まず離婚と別居のメリットやデメリットを比べてみましょう
 
離婚には他人になれるメリットはありますが、様々な苦労が必要になるデメリットがあります。
 
また、別居には離れて生活できるメリットがある反面、次のステップに移れないデメリットなどがあります。
 
これらは自分で判断しにくく、難しい問題なので、専門家である弁護士の相談を受けることで一番良い選択ができるはずです。

思い当たる状況があれば、いち早く弁護士に相談し、どのような法的問題が発生し得るか・どのように対応すべきかを確認するのも一つの手です。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」「何を伝えればいいかわからない」「文字にして状況をまとめたい」「自分のペースで相談がしたい」という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

離婚に関連する他の記事も読む

日本人の離婚率はどれくらい?離婚統計から見る離婚率の推移とは?

離婚する夫婦の特徴12選〜どんな夫婦が離婚する?〜

離婚を考えるときは男性と女性でこんなにも違う!?夫婦が離婚を決意する10の瞬間!

不倫中の男性が離婚を決意する理由とは?

離婚した友達にかける言葉は?〜あなたが友達のためにできること〜

離婚したい夫が発するサインとは?離婚の方法と離婚に関する問題

子供が三人いる夫婦の離婚マニュアル!養育費は?親権は?

【離婚届受理証明書とは?】様々な場面で必要になる大切な公的文書

離婚する人にはある特徴があった!離婚する人・離婚しやすい夫婦の特徴とは?

離婚を迷う人が決断した理由5つと後悔した理由5つを紹介します!

離婚に関するその他の記事

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費