未亡人の再婚は危険!?未亡人の再婚のメリットとデメリットとは?

未亡人が再婚をしたときのメリットとデメリットについて説明をしていきます。配偶者と死別をしている未亡人の場合、ただ離婚をしてから再婚をするのとは異なり、色々と問題が生じることも。再婚に関するメリットとデメリットをよく考慮して、再婚を決めましょう。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

弁護士に相談する

未亡人の再婚のメリットやデメリットは?

「配偶者と死別をしてしまったけど、そろそろ再婚したいな…」
 
そう考えたら、未亡人が結婚をすることによって生じるメリットとデメリットについてもしっかりと考えましょう。
 
配偶者と死別をした未亡人が再婚をする場合は、普通の結婚とはちょっと違った問題が生じます。
 
未亡人の結婚によって生じるデメリットを詳しく説明をするとともに、未亡人でも結婚して幸せになる方法についても触れていきます。
 
配偶者と死別をして再婚を考えているという未亡人の方は、ぜひ最後までお読みください。

未亡人の再婚におけるメリットとは?

配偶者と死別後に未亡人が再婚をした場合のメリットとはなんでしょうか?
 
未亡人が結婚をしたときのメリットを3つにまとめてみました。

未亡人の再婚におけるメリット(1) 今より経済状況が良くなる

今まで配偶者の収入で生活をしていた方の場合は、配偶者と死別をしてしまうと生活に困窮するということが多々あります。

配偶者が死別をする前は専業主婦をしていたという方の場合には、新しい職に就くことも難しかったのではないでしょうか?

未亡人が結婚をした場合、新たな配偶者と生活を共にすることになるので、今よりは経済状況がよくなり、生活が楽になるというメリットがあります。

未亡人の再婚におけるメリット(2) 精神的に安定する

配偶者と死別をしてしまったことで精神的に不安定なところがあるという人の場合には、再婚をすることで精神的に安定するというメリットもあります。

近くに頼れる人がいるというだけで、気持ちが楽になるという人も多いのではないでしょうか。

未亡人の再婚におけるメリット(3) 老後への安心感

配偶者と死別をしてしまうと、老後を一人で過ごさなければいけないという不安に駆られる人も多いのではないでしょうか。
 
死別をした配偶者との間に子どもがいたとしても、子どもといつまでも一緒に暮らせるかはわかりません
 
再婚をした場合には、再婚相手と老後を過ごすことができるので、老後への安心感が生まれます。

未亡人の再婚におけるデメリットとは?

配偶者と死別後に未亡人が再婚をするときのデメリットはなんでしょうか?
 
未亡人が結婚するときのデメリットを3つにまとめました。

未亡人の再婚におけるデメリット(1) 元夫の遺族年金がなくなる

死別をした配偶者の遺族年金を受け取る権利(受給権)は、以下の場合に消滅します。
  • 受給者が死亡したとき
  • 受給者が結婚をしたとき
  • 受給者が直系血族または直系姻族以外の養子となったとき
配偶者との死別後に未亡人が結婚をした場合は、受給権が消滅する事由に該当しますので、元夫の遺族年金を受け取ることができなくなります

未亡人の再婚におけるデメリット(2) 自分や子供の法的手続きが大変

未亡人が結婚をする場合も、通常の結婚と同様で入籍手続きをしなければいけません。
 
また、死別をした配偶者との間に子どもがいるのなら、子どもと再婚相手との間で養子縁組手続きをする必要がある場合もあります。
 
子どもと再婚相手との間で養子縁組をしない場合には、再婚相手の財産を子どもが相続できないことになりますし、原則として再婚相手に子どもの扶養義務が生じないという問題も生じます。
 

未亡人の再婚におけるデメリット(3) 死後の墓

配偶者と死別をした未亡人が結婚をするとなると、死後にどこのお墓に入るのか?という問題も生じます。

再婚相手と一緒のお墓に入る人もいますし、死別をした配偶者と一緒のお墓に入る人もいます。

また、子どもが2つのお墓を管理しなければいけなくなることもあるので、子どもに負担をかけてしまう可能性があるというのもデメリットでしょう。

未亡人が再婚して幸せになる方法

配偶者と死別をしていることから、通常の結婚とは異なるデメリットがある未亡人の結婚。
 
配偶者との死別を乗り越えて幸せになるための方法をご紹介します。

未亡人でも再婚して幸せになる方法(1) 再婚相手をしっかり考える

これまでに説明してきたように、配偶者との死別後の再婚には様々な困難やデメリットがあります。
 
そのため、再婚相手を選ぶときには、再婚によるデメリットや配偶者と死別をして不安定になっている気持ちなどをきちんと受け止めてくれそうな人間か?をきちんと見定めましょう。
 
また、受け止められるだけの金銭力や社会的地位、家庭環境があるか?というのも重要なポイントです。

未亡人でも再婚して幸せになる方法(2) 事実婚をする

未亡人が結婚をすると遺族年金を受け取ることができなくなりますから、経済的な事情や子どもが名字を嫌がるといった事情から、近年では事実婚を選択する人が増えています。

ただし、事実婚でも法律上婚姻と扱われることもあります。

その場合に遺族年金を受給し続ければ、不正受給になる可能性が高いので注意が必要です。

また、事実婚をしている場合は法律上は他人と扱われますから、再婚相手からの相続の対象とはなりません

再婚相手の財産を相続したい場合には、再婚相手に遺言書を書いてもらう必要がありますので、こちらも注意が必要です。

未亡人でも再婚して幸せになる方法(3) 弁護士に相談してみる

配偶者と死別をした未亡人が再婚をする場合、子どもの養子縁組など、複雑な手続きをしなければいけません。

自分だけでは大変なものも多いので、弁護士に相談して確実に手続きを行うのがおすすめです。

また、事実婚で遺族年金を受け取るというのも法律上問題になる可能性がありますので、弁護士に相談をしてから決めましょう。

未亡人の再婚で悩んでいる方には以下の記事もおすすめ

未亡人の再婚は危険!?未亡人の再婚のメリットとデメリットとは?のまとめ

配偶者と死別をした未亡人が再婚をする場合、経済的や精神的に安定を感じられるなど、大きなメリットもあります。
 
しかし、手続きの煩雑さや死別をした配偶者の遺族年金を受け取ることができなくなるなど、法律上のデメリットも。
 
本当に幸せな再婚をしたいのなら、しっかりと再婚相手を見定めた上で、弁護士に相談をすることをおすすめします。
 
配偶者と死別をした未亡人でも、幸せな結婚生活を諦める必要はありません。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部