結婚しても苗字を変えたくない人のための3つの方法とは?

結婚をしても苗字を変えたくない!という女性はとても多いようです。結婚をすると、一般的に多くの女性は苗字を変える必要があるので、仕事などに影響が出るという意見が少なくありません。結婚をしても、苗字を変えないでいい方法はあるのでしょうか。結婚後の苗字について詳しく解説していきます。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

結婚しても苗字を変えたくない!

結婚はしたいけれど、苗字は変えたくない。
 
結婚して名前を変更する手続きは多々ありますが、その中で苗字を変えることは仕事をしている女性にとって抵抗があるかもしれませんね。
 
他にも事情があり結婚後に苗字を変えたくない人は多いはず。
 
今回は結婚しても苗字を変えなくて済む方法を考えていきしょう。

結婚して苗字が変わったら必要になること

結婚して、苗字が変わったら必要なことをまずは確認しておきましょう。
 
結婚後には、苗字変更においてあらゆる手続きが必要です。

結婚して苗字が変わったら必要なこと(1) 印鑑を新しく作る

結婚して苗字が変わった場合には、印鑑を旧姓から新しい苗字に変える必要があります。
 
変える印鑑は、実印、認印、銀行印の3本です。
 
印鑑の苗字を変えなければ、あらゆる手続きができませんので、まずは印鑑を準備することが大切です。

結婚して苗字が変わったら必要なこと(2) 免許証の名義変更

続いて免許証の名義変更を行う必要があります。
 
免許証の名義変更は、最寄の警察署か運転免許試験場、運転免許センターで行えます。
 
結婚して苗字が変わった際の免許証の名義変更には新姓の印鑑、住民票などが必要なので、予め確認し準備しておきましょう

結婚して苗字が変わったら必要なこと(3) 銀行口座の名義変更

結婚して苗字が変わったら、銀行口座の名義変更も行う必要があります。
 
その際にも、新しい姓の印鑑や免許証などの身分証明書が必要になるはずです。
 
振り込み口座などの名前が旧姓だと給与振り込みなども正しく行われないことがあるので、忘れないようにしてください。

結婚して苗字が変わったら必要なこと(4) パスポートの名義変更

結婚後の苗字が変わってから忘れがちなのが、パスポートの名義変更です。
 
パスポートも、旧姓のままだと使用することができませんので、必ず名義変更を行ってください。
 
手続きは最寄のパスポートセンターで行いましょう。

結婚して苗字が変わったら必要なこと(5) クレジットカードの名義変更

クレジットカードも結婚後に苗字が変わったら、名義変更をする必要があります。
 
クレジットカードの引き落とし口座も同時に名義変更をすることを忘れないようにしてください。
 
結婚後に苗字だけでなく住所など他にも変更がる場合には同時に手続きを行います。
 
まずは使用しているクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

結婚して苗字が変わったら必要なこと(6) 公的医療保険関連の名義変更

結婚して苗字が変わったら、公的医療保険関連の名義変更も行う必要があります。

たとえば国民健康保険証や、持病がある場合にはそれに伴う医療証なども含まれます。

これらは手続きを行う機関が異なることがありますので、まずは役所に問い合わせてみるのが良いでしょう。

結婚して苗字が変わったら必要なこと(7) 仕事での使い分け

結婚して苗字が変わったら、仕事での使い分けを行う必要があります。

職場で結婚後の苗字変更に伴い姓を変えるのか、旧姓のまま使用するのかなどを考えなければなりません。

また、結婚後には名刺などの苗字変更が必要な場合もあるでしょう。

夫婦別姓は認められていない

結婚した後に苗字を変更するのは面倒。また、結婚後に苗字を変えるのは仕事上不便。
 
本当は夫婦別姓がいい…そんな夫婦は多いはず。

日本では夫婦別姓は認められていない

日本では、現在のところ残念ながら夫婦別姓が認められていません。

そのため、結婚してから苗字を変更しないという選択肢はできないのです。

結婚後に苗字を変えると仕事で不便だとしても、夫婦別姓はできないのが現状です。

海外では認められている国も多い

日本では結婚後の苗字を変える必要がありますが、海外では夫婦別姓が認められている国が多くあります。

たとえば韓国や中国、オランダ、スウェーデン、オランダなどは夫婦別姓を選ぶ人が多いようです。

他にもフランス、イギリス、カナダ、アメリカなどでも夫婦別姓が認められています。

いずれ日本でも認められる可能性もある

日本では現在のところ結婚後に苗字を変えない夫婦別姓が認められていませんが、実際には多くの「結婚しても名前を変更したくない」という声が集まっています。

実際に男女平等に伴い夫婦別姓を取り入れようとする動きもあるので、日本でもいずれ認められる可能性があるといえます。

参照:弁護士ドットコム 最高裁判決ニュース

結婚しても苗字を変えたくない場合は?

結婚後に、仕事上苗字を変えるのはデメリットであるなど、結婚しても苗字を変更したくない場合には、こんな方法もあります。

結婚しても苗字を変えないという選択肢(1) 事実婚にする

結婚して苗字を変更したくないのなら、事実婚を選ぶのも良いでしょう。

結婚後に私生活だけでなく戸籍上も苗字を変えなくても良いのは事実婚の大きなメリットといえます。

ただし、

  • 周囲の理解を得にくい、
  • 子供ができたら非嫡外子になる、
  • 配偶者控除などが受けられない

というデメリットもあるので把握しておきましょう。

結婚しても苗字を変えないという選択肢(2) 通称を使用する

結婚後に仕事などの理由で苗字変更をしないのなら、通称を使用する方法もあります。

通称を使用するメリットは、

  • 子供が非嫡外子にならない、
  • 配偶者控除などが受けられる

という点です。

反対に、結婚後に通称を使用すると

  • 公的な書類やホテルの予約、
  • クレジットカードのサインな

どの際トラブルになる可能性がある点はデメリットです。

結婚しても苗字を変えないという選択肢(3) 国際結婚をする

結婚語に苗字を変えたくない場合には、国際結婚をするのもひとつの手段です。

国際結婚では大きなメリットとして、法律婚で夫婦別姓を実現できます。

反対にデメリットは、日本人同士での結婚においては実現できないので、結婚相手が外国人である必要があります。 

結婚後の苗字についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

結婚しても苗字を変えたくない人のための3つの方法とは?のまとめ

結婚後に苗字を変えたくないという人は、事実婚を選んだり、通称を選ぶなどの工夫をしてみると良いでしょう。

ただし、事実婚は法律婚と違い、様々な手続きが複雑となることが多いようです

結婚後の夫婦別姓において、法律問題で困った際にはトラブルが大きくなる前に弁護士に相談することをおすすめします。

この記事の作成者

カケコム編集部