離婚が悲しいと感じる原因は?後悔しない離婚をするために

離婚で悲しい気持ちになるのはどういうケースか気になっていませんか?離婚しようか迷うとき、離婚で失敗したくないと考えるのは自然なことです。離婚自体は簡単にできても、その後の悲しみやつらさは簡単に乗り越えることはできません。離婚の悲しい原因や離婚後に悲しくなるパターンをご紹介します。 

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

弁護士に相談する

離婚は悲しいもの?

「離婚で悲しいと感じるのはどういうときなんだろう?」

離婚しようか迷うとき、離婚で失敗したくないと考えるのは自然なことです。

離婚自体は簡単にできても、その後の悲しみやつらさは簡単に乗り越えることはできません。

離婚の悲しい原因や離婚後に悲しくなるパターンをご紹介します。

離婚が悲しい|離婚に失敗したと感じる瞬間5パターン

離婚後に悲しい気持ちになり、離婚に失敗したと感じる人は少なくありません。

あなたが陥りそうなものはありそうですか?

離婚を悲しいと感じる瞬間(1) 子供がショックを受けていると感じたとき

離婚を悲しいと感じる瞬間として、子供がショックを受けていると感じたときがあります。

子供にとっては両方とも大切な親のため、二人が別れることで「自分は要らない子なんじゃないか」と悩むこともあります。

そういった子供の姿に、離婚を後悔する人も少なくありません。

離婚を悲しいと感じる瞬間(2) 家に帰っても誰もいなかったとき

離婚を悲しいと感じる瞬間として家に帰っても誰もいなかったときがあります。

離婚してみて初めて家族の存在の大きさに気づく場合もあるのです。

離婚を悲しいと感じる瞬間(3) 周りに詮索されたとき

離婚を悲しいと感じる瞬間として周りに詮索されたときがあります。

離婚するのは夫婦の個人的な事情なのに、どちらかを悪者にしようとしたり、「あなたに問題があるから」というようなお説教をしてくる人が存在するのです。

離婚を悲しいと感じる瞬間(4) 経済的な苦しさを感じたとき

離婚を悲しいと感じる瞬間として経済的な苦しさを感じたときがあります。

これまでは夫婦で稼いでいたとしても、離婚後は一人で生活費を稼がなくてはいけません。

離婚後初めて経済的な苦しさを感じる人は少なくありません。

離婚を悲しいと感じる瞬間(5) 元夫が再婚して幸せそうだと思ったとき

離婚を悲しいと感じる瞬間として元夫が再婚して幸せそうだと思ったときがあります。

自分と一緒にいるときは退屈そうだったり怒りっぽかった人が自分以外の人と幸せそうにしていると「どうして」という気持ちが浮かんだり幸せに嫉妬してしまいますよね。

悲しい離婚原因とは?

離婚後に訪れる悲しみ、できれば避けたいですよね。

そもそも離婚は避けられないものなのでしょうか?

離婚に至る悲しい原因をご紹介します。

離婚の悲しい原因(1) 性格の不一致

離婚の悲しい原因として性格の不一致があります。

結婚前は気付かなくても、結婚後に性格のずれが明らかになることもあり、そのずれが埋められない溝となることもあるのです。

離婚の悲しい原因(2) 暴力やモラハラ

離婚の悲しい原因として暴力やモラハラがあります。

暴力やモラハラを受けてまで相手を愛し続けることは困難ですよね。

離婚の悲しい原因(3) 金銭問題

離婚の悲しい原因として金銭問題があります。

生活費が足りない場合だけでなく、隠れて借金をしていたり、ギャンブルなどでの浪費が多いなど、お金に関することで相手を信用できなくなるパターンもあります。

離婚の悲しい原因(4) 異性問題

離婚の悲しい原因として異性問題があります。

浮気は重大な裏切り行為です。

浮気されたり、浮気したことを開き直られたりすると、相手への信頼がすべて崩れてしまいますよね。

離婚の悲しい原因(5) 性的不一致

離婚の悲しい原因として性的不一致があります。

自分は愛を確かめ合ったりコミュニケーションの手段だと考えているのに相手から拒否されるとつらくなりますよね。

反対に、自分は家族として相手を見ているのに相手から頻繁に求められて嫌になってしまうという場合もあります。

離婚の悲しい原因(6) 配偶者の家族との関係

離婚の悲しい原因として配偶者の家族との関係があります。

特に義両親が過干渉である場合や、同居していて家事や育児に口を出される場合はストレスがたまってしまいますよね。

離婚の悲しい原因(7) 家事・育児をしない

離婚の悲しい原因として相手が家事・育児をしないというものがあります。

特に乳幼児の育児は一人でするのは大変です。

そこで「仕事で疲れてるから」と何もしてくれなかったり家事の面倒ごとを増やされると限界を感じてしまいますよね。

離婚で悲しい後悔をしないためにすべきこととは

離婚に迷うときは本当に離婚すべきなのか考えてみることが大切です。

離婚自体は簡単にできたとしても、離婚後の苦労は簡単には解決できないこともあります。

離婚後に後悔しないための対策をご紹介します。

離婚で悲しい思いをしないために(1) 不満の原因を特定・改善

離婚で悲しい思いをしないために不満の原因を特定してみるのも有効です。

もしも改善できるならそれに越したことはありません

離婚で悲しい思いをしないために(2) 離婚後の生活を想像してみる

離婚するか迷うときは離婚後の生活を想像してみるのもおすすめです。

どれくらい稼いで、どこに住み、どのような生活を送るのか、再婚をするかどうかなどを考えてみましょう。

離婚で悲しい思いをしないために(3) 子供に納得してもらう

離婚すべきか迷うときは子供に話したうえで子供に納得してもらうとよいでしょう。

子供が納得できないまま離婚を進めた結果、親権をどちらにするかの話し合いがまとまらないことが少なくありません。

子供が「別れてほしくない!一緒に暮らしていたい!」と、つらい気持ちになってしまうかもしれません。

それでも離婚したいと思ったら!弁護士への依頼がおすすめ!

離婚に迷うときに考えるべきことは多くありました。

それでも離婚したいと決めたときは弁護士に相談することがおすすめです。

普段馴染みのない弁護士ですが、弁護士は離婚に関して何をしてくれるのでしょうか?

弁護士がしてくれること(1) 協議離婚のサポート

弁護士に相談することで、話し合いで離婚を成立させる協議離婚のサポートをしてくれます。

たとえば、どんなふうに話を進めれば相手と喧嘩になりにくいかや、何を決めなければならないかをアドバイスしてくれるのです。

また、話がこじれた場合はあなたの代わりに話し合いをしてくれます。

弁護士がしてくれること(2) 調停申し立て

弁護士がしてくれることとして調停の申し立てがあります。

話し合いで離婚がまとまらなかった場合は家庭裁判所での調停をして、調停委員を介して話し合うことになります。

でも、一人で裁判所に足を運んで話し合いをするのは気が重いですよね。

そんなときも弁護士に依頼しておけば、弁護士がついてきてくれたり、代わりに話をしてくれるので安心です。

弁護士がしてくれること(3) 裁判のサポート

弁護士がしてくれることとして離婚裁判のサポートがあります。

調停がまとまらなかった場合は裁判で離婚するかどうかを決めることになります。

でも、いきなり裁判をしろと言われても何をすればいいかわからないですよね。

訴状や答弁書、上申書や証拠の提出など、難しい裁判所の手続きを弁護士は代わりにやってくれるのです。

離婚は悲しい?と思ったらこちらの記事もおすすめ

離婚が悲しいと感じる原因は?後悔しない離婚をするためにのまとめ

自分が望んだ離婚であっても、離婚後に悲しみに暮れる人は少なくありません。

離婚は一度「一緒に生きていく」と決めた人と別れることですから、一朝一夕には解決しませんよね。

そんな悲しみを越えてでも離婚したいと考えた場合は早めに弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士はあなたの代理人としてあなたの有利になるようにサポートをしてくれます。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部