カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理 自己破産

自己破産してもアメックスカードの審査は通過できる?

自己破産後、アメックスカードを作ることはできるのでしょうか?本記事では、アメックスカードの審査基準や、審査に通りやすくするためにできることなどについて解説します。

借金問題でお悩みではありませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたの状況に適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取り立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

自己破産してもアメックスカードの審査は通過できる?

どうしても自力では返し切れない借金を抱え、自己破産してしまった場合、信用情報機関にその事実が記録されます。すると、いわゆるブラックリスト状態となり、クレジットカードを作ることが難しい状態になってしまいます。

自己破産でブラックリスト入りした場合、5~10年は信用情報機関に事故情報が残るため、その間はクレジットカードを作ることが非常に難しい状態になります。

各信用情報機関の事故情報保管期間

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

主にクレジットカード会社や信販会社などが利用する信用情報機関。
事故情報保管期間:自己破産免責から5年間

JICC(株式会社日本信用情報機構)

主に消費者金融や信販会社などが利用する信用情報機関。
事故情報保管期間:自己破産免責から5年間

KSC(一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター)

主に銀行が利用する信用情報機関
事故情報保管期間:自己破産免責から10年間

 
関連記事はこちら

>>【関連記事】信用情報が回復するまで何年かかる?登録機関ごとの回復年数を解説

しかし、自己破産後5~10年経っていないからといって、絶対にクレジットカードがつくれないわけではありません。中でもアメックスカードは、自己破産後5年以内でも審査を通過できたといった声がよく聞かれます

自己破産後5年間はクレジットカードを作ることはほぼできないと言われる中、なぜアメックスカードは作れるケースが多いのでしょうか?

その理由はアメックスカードの審査基準にあります。

アメックスカードの審査基準について

外資系企業であるアメックスは、日本のカード会社とは違った独自の審査基準を設けています。

アメックスは日本のカード会社と比べ、最近の信用情報や支払い能力を重視すると言われています。そのため、自己破産から5年経っていなくても、支払い能力が高いと判断されれば、審査に通過するケースがあるのです。

ただし、アメックスの審査基準のひとつとして、年収のボーダーは約300万円といわれています。ブラックリスト状態かどうかに関わらず、これを下回ると、審査の通過率も落ちてくるようです。

自己破産後、アメックスカードの再取得はできる?

自己破産前にアメックスカードを使用しており、免責申請している場合、自己破産後にアメックスカードの再取得をするのは難しいでしょう。

アメックスでした借金を自己破産すると、その情報は社内に記録され、いわゆる「社内ブラック」状態になります。すると、信用情報機関の事故情報が消えた後も、企業の情報は残ってしまい、クレジットカードの審査に通ることが非常に難しくなってしまうのです。

審査に通過するケースが全くないわけではありませんが、通過できる可能性はかなり低いと考えていいでしょう。

アメックスカードの審査に通りやすくするためにできることは?

いわゆるブラックリスト状態でも、アメックスカードの審査は通る可能性があることは分かりましたね。ここからは、クレジットカードの申請をする際、少しでも審査に通過する可能性を上げるために何ができるのか、ご紹介していきます。

信用情報開示請求をする

自己破産後にアメックスカードの申請をする場合は、CIC、JICC、KSCの信用情報機関に情報開示請求を行い、事故情報が消えているか確認しましょう。

ブラックリスト状態でも審査に通るケースがあるとはいえ、やはり事故情報が消えている状態の方が審査の際にかなり有利なのは事実です。

カード審査通過の可能性を上げるためには、できれば事故情報が消えたのを確認してから申請をするのがいいでしょう。

一度に複数枚のカードを申し込まない

クレジットカードの申請を同時に複数社にしてしまうと、複数のクレジットカードが必要なほど経済状況が追い込まれていると判断されてしまう可能性があります。

そのため、クレジットカードの申請は一度に一社ずつ行うようにしましょう。

クレジットヒストリー(クレヒス)を積む

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。こうした支払いを期日内に行うことを積み重ねることで、いいクレヒスを積むことができ、クレジットカードの審査でも有利にはたらきます。

現状クレジットカードを持っていない場合は、携帯電話の端末料金の分割払いなどでもクレヒスを積むことが可能です。

アメックスの営業担当から申し込む

アメックスの営業担当とつながりがある場合、アメックスの営業担当を通じてカードの申請をすることで、審査に通りやすくなります。

これは、営業担当を通じて申請をする場合、申込者の状況に合わせ、営業担当が審査に通りやすくなるよう申込書の書き方をフォローしてくれるためです。

自己破産に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】自己破産するとクレジットカードは使えなくなる?新規でつくれるようになるまでの期間についても解説
>>【関連記事】自己破産するとローンは組めなくなる?自己破産後、ローンを組むためのポイントを解説
>>【関連記事】カード破産とは?手続き方法やメリット・デメリットについて解説

まとめ

アメックスカードは自己破産後5年経っていなくても審査に通過するケースが多数ある一方、年収等に関してはある程度厳しい条件を設けていることがわかりましたね。

また、アメックスカードの申請をする場合、本記事の「アメックスカードの審査に通りやすくするためにできることは?」でご紹介したことをしておくことで、審査を通過する可能性を上げられます。

特に

  • 信用情報開示請求をする
  • 一度に複数枚のカードを申し込まない
  • クレジットヒストリー(クレヒス)を積む

といったことは、ほとんどの方ができることかと思いますので、申請前に確認・実施してみてください。

本記事が自己破産後、クレジットカードの発行を検討している方や「アメックスカードの審査基準を知りたい!」という方の少しでも参考になれば幸いです。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費