カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

既婚者同士の不倫「W不倫」はかなりやばい?W不倫をする人の特徴や慰謝料について解説

既婚者同士の不倫「W不倫」は、危険性がとても高いといえます。今回は、既婚者同士の不倫をする人の特徴や不倫のきっかけ、不倫した側はどの程度の慰謝料を請求される可能性があるのか、不倫された側はどんな対処法を取れるのかを解説します。

配偶者の不倫が発覚した
不倫が許せないので、離婚と慰謝料を請求したい

そんなお悩みをお持ちの方は、弁護士に相談することで下記のようなさまざまなメリットを得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
あなたが取れる手段についてアドバイスをしてくれる
相手が離婚を拒否している場合、弁護士があなたに代わって相手を説得してくれる
もし慰謝料を請求する場合、相手から提示された金額が相場を下回っていないかを確認したり、場合によっては代理で増額交渉をしてくれる
離婚や慰謝料等に関する些細なお悩みについても、丁寧に回答してくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

既婚者同士の不倫「W不倫」に多い年代とは?

既婚者同士の恋愛、すなわちW不倫について詳しく見ていきましょう。

40代がW不倫のピーク?

女性の性欲は40代がピークと言われています。

しかし40代になると、夫は妻のことを異性として見なくなってしまっていることも多いです。

男女の性欲の差により、さみしさを感じた女性が不倫関係に走ってしまうことが多いのかもしれません。

一方で男性は夫婦関係が安定した後、ほかの女性と関係を結んでしまうことがしばしばみられます。

夫と妻それぞれが不倫関係に走ってしまうのが40代の危険といえるかもしれません。

既婚者同士の不倫「W不倫」する人の特徴は?

それでは、既婚者同士の不倫をする人には、どんな特徴があるのでしょうか?

お互いの家庭を壊すつもりがない

W不倫をする人の特徴として、意外にも「お互いの家庭を壊すつもりがない」というものが挙げられます。

はじめから家庭を壊そうと思って不倫関係に走ってしまう人はあまり多くはありません。

女性であれば子育てが落ち着いて余裕ができ、少し昔のようなときめきを感じたいと思い不倫に走る人が多く、男性であれば、父親ではなく異性として求められたい、認められたいことがきっかけであることが多いです。

不倫をする人は今の家庭では得られないものを補おうとしているといえるでしょう。

寂しがりや

W不倫をする人の特徴として、寂しがりやというものも挙げられます。

家庭内や会社の人間関係では埋められない穴があり、お互いにそれを満たすために不倫に走ってしまうことがあります。

その他にも不倫する人には様々な特徴がある

その他にも、不倫をする人の特徴はいくつかあります。

下記の記事に12の特徴をまとめましたので、気になる方は参考にしてみてください。

関連記事はこちら

既婚者同士の不倫「W不倫」をするきっかけは?

どんなきっかけから不倫に発展したか、当社独自のアンケートにて調査し、下記の記事にまとめました。

結果が気になる方はご一読ください。

関連記事はこちら

既婚者同士の恋愛にひそむ危険性とは?

 
それでは既婚者同士の恋愛の危険性についてみていきましょう。

既婚者同士の恋愛の危険性(1) 慰謝料を請求される

不倫をすることでの一番の危険は慰謝料を請求される可能性があることです。

既婚者同士の恋愛でも例外ではありません。

自分の配偶者からはもちろん、相手の配偶者からも請求される可能性があります

自分が独り身ならまだしも、家族がいるからこそ慰謝料請求をされることで既婚者同士の恋愛の危険性(2)へとつながっていきます。

既婚者同士の恋愛の危険性(2) 家庭崩壊し共倒れになる 

バレないように行ってきたはずの恋愛がバレれば離婚の可能性も高いです。そうなると家庭崩壊となります。

離婚をすると、自分の家族はもちろん崩壊してしまいますし、自分の元配偶者から慰謝料請求をされた相手側の家庭も崩壊してしまう可能性があります

どちらの家庭も崩壊し、つらいときに支え合うこともできなくなります。

残るのは慰謝料という金銭的に大きな負担であり、既婚者同士で共倒れになってしまいます。

既婚者同士の恋愛の危険性(3) その後の復縁も難しい? 

近年、不倫に対する社会の目は非常に厳しくなっています

離婚することとなった場合、世間からの印象は非常に悪いものになってしまいます。

新しい恋愛をするにしても障害になりますし、最悪の場合、両親から縁を切られてしまう可能性もあります。

何より不倫相手と関係を続けようと思っても慰謝料という負担が大きくのしかかります

不倫をすることのデメリットは非常に大きいのです。

既婚者同士の恋愛と慰謝料の関係は?

気になる既婚者同士の恋愛の慰謝料について見ていきましょう。

既婚者同士の恋愛と慰謝料(1) 慰謝料は誰が誰に請求する?

W不倫は関係が複雑になりやすいのですが、慰謝料を請求するのは不倫を「された」側です。

請求をする対象は、自分が不倫をしていた場合は、自分および自分の不倫相手に慰謝料請求をされます。

自分の不倫相手に慰謝料請求がされると、その不倫相手の家庭にも不倫していたことが知られてしまう可能性があります

既婚者同士の恋愛と慰謝料(2) 配偶者に慰謝料請求するパターン

不倫をされた場合、配偶者に対しても慰謝料請求ができます。

しかし復縁するつもりがあるのなら誓約書を書かせて、二度目の不倫があったときに慰謝料請求をすると明記しておくのも手です。 

不倫の誓約書について詳しく知りたい方は、下記を参考にしてください。

離婚に関する関連記事はこちら

既婚者同士の恋愛と慰謝料(3) 慰謝料請求を成功させるには不倫の事実を明かさないことが重要?

慰謝料請求を示談交渉から行う場合に重要なことは、不倫の事実を相手方の配偶者が知っているか否かです。

もし相手の配偶者がW不倫の事実を知らない場合、今後もできるだけ知られたくないと考えるはずです。

それゆえ慰謝料請求をする際は、いきなり内容証明郵便を送ってしまうのではなく、示談交渉から始めることが多いのです。

例えば「奥さん(旦那さん)に不倫の事実をバラさないから慰謝料払うことに同意をしてくれませんか?」と持ちかけられるわけです。

このとき決して恐喝まがいの請求は許されるものではありませんが、内容証明郵便という家や会社に届いたら一発で不倫の事実がバレてしまうカードが残されている以上、慰謝料の支払いに応じてしまう可能性が高くなるでしょう

既婚者同士の恋愛と慰謝料(4) 慰謝料を巡るトラブルはまず弁護士へ相談 

慰謝料を請求された、もしくは請求したい場合は、専門家である弁護士に一度相談をしてみましょう

慰謝料を請求する側であれば、妥当な金額から請求方法までサポートをしてくれるでしょう。

慰謝料を請求された側であれば、慰謝料支払いの義務があるかどうかから慰謝料の減額請求まで的確なアドバイスを行ってくれるでしょう

慰謝料請求されることが初めての場合、戸惑うと思います。

不安に思った場合、様々なケースを見てきた弁護士に一任することで解決への道が開けるでしょう。

配偶者が既婚者と不倫していたらどう対処すべき?

もしあなたの配偶者が既婚者と不倫していることが発覚したら、どう対処するのが正解なのでしょうか?

ここでは、いくつかあなたが取れる対処法を紹介していきます。

夫婦関係を修復したいなら相手と話し合う

もし相手の不倫が発覚しても夫婦関係を修復したいと考えているなら、しっかりと相手と話し合うことが重要です。

まずはあなたの意思を伝え、相手が今後どうしていきたいのか聞いてみましょう。

もし相手もあなたと同じく夫婦関係を修復したいと考えていたなら、どんな理由から不倫をしてしまったのかをヒアリングし、その理由を解消したり、これを機に日頃お互いに不満に思っていたことを話し、お互いに直す努力をしたりすると良いかもしれません。

短期間の別居をしてみる

短期間の別居をしてみることもひとつの手段です。

別居は長期間にわたると離婚事由になってしまうため注意が必要ですが、お互いに感情的になってしまっているなら、一度短期間の別居を挟んでお互いに頭を冷やしてみましょう。

離れてみることでお互いのありがたみに気づき、自然と関係が修復していく可能性もありますし、それでも「やっぱり離婚をしたい」と思うのなら、離婚後の生活設計を立てたり、自分の希望の離婚条件を考える等、離婚に向けて様々な準備ができます。

配偶者と予め期間を設定して、別居してみましょう。

離婚を検討する

これは最終的な手段になると思いますが、無理に一緒にいてストレスになるのであれば、離婚を検討するのも重要です。

もし離婚をすると決断した場合は、できるだけ早めに弁護士に相談されるのがおすすめです。

弁護士なら、相手が離婚を拒否した場合でもあなたに代わって説得してくれたり、あなたの希望の離婚条件を丁寧にヒアリングした上で、その条件にできるだけ添えるように尽力してくれたりします。

また、慰謝料を請求する場合も力になってくれるので、できるだけスムーズに離婚するためにも、一度下記よりご連絡ください。

既婚者同士の恋愛はかなりやばい?W不倫が迎える終焉とは…のまとめ

いかがでしたでしょうか。不倫ばバレた際にはつらい現実が待ち受けるものです。

ましてやW不倫にもなってしまうと誰も幸せにならない結末しか残りません

もし悩んだ場合カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」「何を伝えればいいかわからない」「文字にして状況をまとめたい」「自分のペースで相談がしたい」という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

既婚者同士の恋愛から抜け出したい人はこちらも合わせて読んで見てください

関連記事はこちら

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費