男女問題 離婚

泥沼離婚になる夫婦の特徴と泥沼からの脱出方法とは?

泥沼離婚になってしまうのはどうしてなのでしょうか。離婚は心身ともにエネルギーを大量に消耗してしまう一大事です。できれば泥沼化は避けたいところですよね。ここでは、離婚が泥沼化してしまうケースと、泥沼離婚にならないための予防方法についてご紹介します。

泥沼離婚とは

ここでいう泥沼離婚とは、離婚裁判になっても揉めていたり、長く言い争いが続いていて離婚の解決がなかなかできないことです
 
泥沼離婚になると、お互いに大きなストレスがかかるなどのデメリットがあります。
 
このようなデメリットを回避するために、泥沼離婚になりやすいケースとその予防法、泥沼離婚になってしまった場合の対処法をご紹介します。

泥沼離婚になる4つのケース

泥沼離婚になるケース(1) 親権の奪い合い

親権の奪い合いがあった場合、泥沼離婚になりやすいです。
 
 
親権の奪い合いは、裏返せばどちらも子どもへの愛情があるということになりますが、親権の奪い合いを子供の目の前で行い、子供にストレスをかけてしまっては元も子もありません。
 
大切な子供のためにも、感情的にならず建設的な話し合いができるよう、お互いが落ち着ける環境で話し合いに臨むことが重要です。

泥沼離婚になるケース(2) 慰謝料の金額に納得できない

慰謝料の金額に納得できないケースも泥沼離婚になりやすい傾向があります。
 
例えば、慰謝料の相場とかけ離れた法外な金額を提示されるなどの場合です。
 
慰謝料の金額に納得できない場合は相手に直接交渉するのが早いですが、交渉が苦手な場合やそもそもの慰謝料相場がわからない場合は、弁護士に相談してみましょう。

泥沼離婚になるケース(3) 配偶者の親とトラブルになった

離婚は夫婦間だけの問題のように見えますが、結婚が夫婦だけの問題ではないように、離婚時になって相手の親が出てきて揉めるということもあります。
 
配偶者の親とトラブルになった場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、そこで話し合いをするのがおすすめです。
 
というのも、調停であれば調停委員が間に入って話を進めてくれるため、お互いに顔を合わせず冷静な話し合いをすることができるからです。
 
調停について詳しく知りたい方は、離婚調停を申し立てるための準備や注意点を、流れに沿って弁護士が解説します。をご覧ください。

泥沼離婚になるケース(4) そもそも相手が離婚を拒んでいる

最も泥沼離婚になりやすいのは、配偶者が離婚に同意しないケースです。

離婚することで経済的、社会的に不利になることを理由に拒む人もいれば、配偶者への嫌がらせとして離婚を拒む人もいます。

いずれの場合も泥沼化して揉める大きな要因です。

泥沼離婚を法的に防ぐ方法とは

 
それでは、どのようにすれば泥沼離婚は防げるのでしょうか。

泥沼離婚の予防法(1) 探偵を雇って証拠を掴む

たとえば配偶者の不倫などが原因で離婚しようと思うのであれば、探偵に相談して不倫の証拠を掴んでおくことが重要です。
 
というのも、協議の場合でも証拠を掴んでおくことで相手の言い逃れを防ぎやすいですし、裁判になった場合は証拠がないと離婚や慰謝料請求ができないからです。
 
自分で証拠を掴んでおくのも良いですが、探偵なら、素人では到底集められないような部分まで証拠を掴んでくれるのでおすすめです。

泥沼離婚の予防法(2) 弁護士に依頼する

揉める前に弁護士に相談、依頼することで泥沼離婚を予防できます。
 
裁判になったら弁護士に依頼すれば良いと思っている人もいると思いますが、実は裁判になること自体にもリスクがあります。
 
例えば、裁判が一般公開されてしまうことや、専門的な書類をいくつも提出しなければならなかったり、比較的高い費用がかかってしまうなどのリスクです。
 
裁判前に弁護士に依頼することで上記のようなことを防げますし、自分に有利な条件で離婚するためのサポートをしてもらうこともできるので、弁護士への早めの相談を心がけましょう。

泥沼離婚の予防法(3) 協議の段階で公正証書を作っておく

離婚は協議から始まり、協議で解決しなければ調停へ、調停で解決しなければ裁判へ進んでいきます。
 
調停以降は調停委員や裁判官などの第三者が介入してくれますが、夫婦間のみでの協議の場合は証明してくれる第三者がいないため、あとで相手に離婚条件を反故にされないためにも書類に残すことが重要です。
 
具体的には、公正証書という形で協議内容を残すことがおすすめです。
 
公正証書は公証人が作成する証書で、調停証書や裁判の判決と同じように強制執行力を持つ書面です。
 
公正証書について詳しく知りたい方は、公正証書って何?公正証書はいつ必要?公正証書作成の手続き、方法は?をご覧ください。

泥沼離婚を脱出する方法6選

 
離婚裁判中など、現在泥沼状態にある方は、どのようにすればそこから脱出できるのでしょうか。
 
泥沼離婚の対処法をご紹介します。

泥沼離婚を脱出する方法(1) 離婚の話し合いにしっかり時間を割く

泥沼離婚を脱出するには、離婚の話し合いにしっかり時間を割くことがおすすめです。
 
なかなか離婚に決着がつかない場合は離婚問題の解決が面倒になり、「仕事が忙しいから」などの理由で離婚の話し合いを後回しにしがちですが、離婚は長期化するほど双方にストレスがかかり、より泥沼化してしまう恐れがあります。
 
仕事が忙しくて話が進まないのであれば、お互いの予定を合わせて数日程度有給を使い、その期間中にしっかり話し合い、解決に向けて協力し合うようにしましょう。

泥沼離婚を脱出する方法(2) 弁護士に相談する

泥沼脱出や、早期解決からの早期離婚を望むのであれば、迷わず弁護士に相談することをおすすめします。
 
法律問題である離婚を一人で乗り切るには専門的な知識の量からいっても、精神的にも難しいものです。
 
泥沼から脱出しようとするあまり不利な状況で離婚が成立してしまうかもしれないので、離婚問題に強い弁護士に相談してアドバイスをもらいましょう。

泥沼離婚を脱出する方法(3) 離婚話に介入しないよう親に頼む

離婚話に親が介入しているなら、介入しないように頼むのも、泥沼離婚を脱出する方法の一つです。
 
というのも、前述したようにどちらかの親が出てきてしまったことで泥沼離婚になることもあるからです
 
この問題を防ぐためにも、親にはできるだけ相談せずに、あなたの意志で話を進めていきましょう。

泥沼離婚を脱出する方法(4) 確実な証拠を集める

「泥沼離婚を法的に防ぐ方法とは」でも前述しましたが、離婚原因となった配偶者の行為の証拠を集めることは、泥沼離婚を脱出する方法としても有効になります。
 
というのも、証拠があることで、裁判での離婚請求や慰謝料請求がスムーズに行くからです。慰謝料請求では増額が見込める可能性もあります。
 
また、証拠は自分だけでは集められないようなものもありますから、このような場合は探偵に相談することをおすすめします。

泥沼離婚を脱出する方法(5) 離婚しない方向はないのか考えてみる

泥沼離婚で疲れ果てている場合、もう諦めて離婚しないという手もあります。
 
ただ、その場合には婚姻関係を続ける中で犠牲にすることもたくさんあるでしょうから、自分と配偶者の間で折り合いをつけることが大切です。

泥沼離婚を脱出する方法(6) 相手の性格や考え方に沿った解決方法を考える

結婚も離婚も、相手があってのことです。
 
泥沼化している夫婦は、互いが自分のことだけを考えてしまって、ただ相手を責める一方であるケースが多くなっています。
 
離婚こそ相手の性格や考え方についてよく振り返り、こう言えば、こうすれば納得してくれるのではないかという方法を見つけましょう。

離婚について悩んでる方はこちらの記事もおすすめです

泥沼離婚になる夫婦の特徴と泥沼からの脱出方法とは?のまとめ

 
まだ泥沼化する前の段階なら、事態がより深刻になる前に弁護士に相談しましょう。
 
協議離婚、調停、離婚裁判と発展していく中で、少しでも早い段階でピリオドを打つことが泥沼離婚の予防方法です。
 
少しでも早く解決できるよう、配偶者の立ち回りの傾向を調べたり、相手が不利になるような証拠を探偵に依頼して集めておくことも大切です。
 
離婚はただでさえ心身ともに消耗するものですから、泥沼状態を一刻も早く脱出しましょう。

弁護士に相談する

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費