離婚してよかったことは〇〇だった!幸せになるための方法とは?

離婚してよかったと思った人と後悔している人にはどんな違いがあるのでしょうか。離婚する背景には様々な問題がありますが、何より子供を幸せにするために離婚してよかったと思える女性が多くいます。離婚してよかったと思っている人たちはどんなときに離婚のメリットを感じるのでしょうか?

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

“離婚してよかったこと”とは?

夫の浪費癖やDV、家庭を顧みない行動、不貞行為など離婚する原因は様々です。
 
ときには夫のDVが子供に悪影響を与えることもありますし、何より子供の身の安全のために離婚するなど様々な理由が挙げられるでしょう。
 
そこで無事に離婚することができれば夫と離れることができますし、離婚して子供との幸せな生活を手に入れることも可能です。
 
離婚してよかったと思える女性は、結婚生活によるストレスなど様々な悩みからも解放されるでしょう。

離婚してよかったこと9選

配偶者がいることで様々なことを悩みに思うことは多くあります。
 
しかし、離婚すれば様々な悩みから解放されるでしょう。

離婚してよかったこと(1) 離婚するか悩む必要がなくなった

離婚するまでは離婚するか悩んでいた日々だったものが、離婚したことで悩む必要がなくなったのは非常に嬉しいメリットです。
 
悩み続けることで精神的なストレスを溜め込むことになりますし、悩みは子供にも影響を与えかねません。

離婚してよかったこと(2) 嫌いな配偶者と過ごすストレスがなくなった

何より嫌いな配偶者と嫌でも過ごしているというストレスは非常に厄介なものです。
 
離婚すれば嫌いな配偶者と別れることができるので、離婚して一気にストレスフリーとなれば子供とも幸せな生活が送れるようになるでしょう。

離婚してよかったこと(3) お金を自由に使えることができる

今まで結婚生活の為に使えるお金が限定されていて、思うようにお金が使えない状況が続いていたことでしょう

しかし、離婚すると稼いでいたお金を自由に使えるようになるので、趣味など思いのままにお金を使うことができるようになります。

離婚してよかったこと(4) 自由に時間を使うことができる

結婚生活を送る上で家事や育児、夫の相手など自分の自由な時間が持てないことで生活にストレスを覚えることも珍しくありません。

離婚すれば全ての時間を自分で使うことができるようになるため、趣味などに没頭したりと様々な時間の使い方が可能になります

離婚してよかったこと(5) 自由に恋愛ができるようになった

結婚中は不倫になるので恋愛はできなかったため、他に魅力に感じる人がいても恋愛に発展することはなかったでしょう。

しかし、離婚すれば自由に恋愛ができるようになるので、夫よりも魅力的な人を探すことも簡単に行えます

離婚してよかったこと(6) 義理家族の付き合いから解放された

義理の家族との関係が良好であれば離婚する理由にはならないでしょうが、誰もがそうとは限りません。

子供ばかり可愛がって自分を邪険に扱うような義理家族と離婚によって離れることができれば、嫌な関係を断ち切れるので離婚してからの方が幸せになれるでしょう。

離婚してよかったこと(7) 多くの財産分与・慰謝料がもらえた

離婚する際には財産分与や慰謝料について取り決める必要があります

ここで相手の収入が高く、自分の収入が少ない場合だと財産分与や慰謝料を多くもらうことができるので、離婚後の生活を自由に生きるのに役立つでしょう。

離婚してよかったこと(8) 家庭を持つ責任から解放された

結婚すると家庭を持つという非常に大きな責任を背負うことになります。

責任を背負うことは予想以上にストレスに感じてしまうおそれがありますが、離婚すれば家庭を持つ責任から解放されるため、離婚して一人の女性として気軽に生活することが可能です。

離婚してよかったこと(9) 良い人生経験が得られた

離婚はデメリットばかりではなく、自分の人生経験として積み重ねられていきます

離婚してから結婚に対する価値観が変わるきっかけにもなりますし、再婚するときに注意するべきことが重要視できるのもポイントです。

離婚して後悔していること

離婚は少なからず良いことばかりではありません。
 
離婚して後悔することもありますが、どんなことに後悔するのでしょうか?

離婚して後悔(1) 親権が得られなかった

離婚すると多くの場合は母親が親権を得ることになりますが、何らかの理由によって父親が親権を得るケースもあります

親権が得られなかった親は子供と一緒に生活することができなくなるので、子供を大切に思う親にとっては離婚しても幸せになれるとは限らないでしょう。

離婚して後悔(2) 多額の養育費を支払うことに

親権を得た元配偶者よりも自分の収入が高い場合、通常よりも多くの養育費を支払わなければなりません

親権を得られない上に子供が成熟するまでの養育費の支払いも必要になるので、離婚後の生活を圧迫させる可能性があるでしょう。

離婚して後悔(3) 生活水準が下がった

元配偶者より収入が少ない場合には、離婚により生活水準が下がることが多いです。

こうしたことからむやみに離婚するのではなく、離婚前にしっかりと生活設計を立てる必要があるでしょう。

生活設計がしっかりしていれば、できる限り生活水準を下げなくて済みます。

離婚して後悔(4) 多額の財産分与・慰謝料を支払った

自分の収入が元配偶者より多い場合、収入が少ない元配偶者に対して多額の財産分与や慰謝料を支払わなければなりません

多くの費用を支払うことになるため、いくら収入が多くても生活を切り詰めることになる可能性があるでしょう。

離婚して後悔(5) 離婚前後の手続きが大変

離婚するためには様々な手続きを行わなければなりませんが、その手続きの多くは複雑な手順が必要です。

スムーズに離婚の手続きを行うには、弁護士に依頼するのがおすすめです。

専門知識を持つ弁護士であれば、ミスすることなく手続きを行ってくれるでしょう。

離婚が大変な9つの理由と弁護士に依頼するメリット

離婚を考えたなら

もしも離婚を考えるなら、きちんとメリットやデメリット、離婚後の生活など様々な準備を整えておく必要性があります。

離婚の手順(1) 離婚のメリット・デメリットを比較

上で挙げたようなメリット・デメリットを自分に当てはめて比較してみましょう

はたして今の状況で離婚しても幸せになれるのか、子供のためになるのか冷静に考える必要性があります。

もしも離婚するか迷ったら弁護士に相談するのが得策です。

離婚の手順(2) 夫婦でカウンセリングを受けてみる

離婚する前に、夫婦でカウンセリングを受けて今置かれている状況をどうにかできないか考えるのも得策です。

問題点が分かれば改善することが可能なので、もしかしたら離婚せずにそのまま子供と幸せに暮らすことができるかもしれません。

離婚の手順(3) 調停を申し立てる

夫婦が離婚を決意していなくても調停は利用できます

調停委員を介して、本当に夫婦で離婚するのか、どのように離婚するかを話し合うことができます。

冷静な話し合いの場が作られることで、本当に離婚するべきなのか今一度確認することができるでしょう。

離婚の手順(4) 弁護士に相談

離婚をするためには、財産分与・親権・養育費・慰謝料など決めるべきことが多くあります
 
法律の専門家である弁護士は貴方の代理人としてあなたに有利になるようにこれらについて交渉をしてくれます。
 
離婚を考えたらなるべく早く弁護士に相談することをおすすめします

離婚してよかったことは〇〇だった!幸せになるための方法とは?のまとめ

離婚して幸せになれる女性もいますが、誰もが離婚して幸せになれるわけではありません。
 
子供のために離婚する選択肢もありますが、場合によっては自分が養育費や慰謝料を多く支払うことになるなど良いことばかりではないでしょう。
 
子供のため、そして自分のために離婚して幸せな生活を送るためには、それ相応の準備が必要になるでしょう。
 
できれば離婚せずに夫婦で問題点が解決するのがベストですが、もしも離婚するか迷ったときは弁護士に相談してアドバイスをもらうのが得策です。

思い当たる状況があれば、いち早く弁護士に相談し、どのような法的問題が発生し得るか・どのように対応すべきかを確認するのも一つの手です。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

この記事の作成者

カケコム編集部