離婚はめんどくさい?離婚のめんどくさい理由9つと簡単な離婚方法

離婚をしたいけれど、めんどくさいという理由でなかなか話が進まないことってありますよね。離婚について考えるのがめんどくさいという場合や、妻がわがままで話し合いそのものがめんどくさいということもあるでしょう。離婚がめんどくさい場合の対処法や、離婚を考えるのがめんどくさいと感じる理由を考えていきます。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

離婚はしたいけど、考えるのがめんどくさい

離婚をしたいと思ってはいるものの、考えるのがめんどくさい…。
 
そんな思いで過ごしている方は、一体どうして離婚がめんどくさいと感じるのでしょうか
 
離婚がめんどくさいと感じなければ、離婚はスムーズに進むはずですよね。
 
離婚がめんどくさいと感じる原因を探り、離婚への道を一歩踏み出しましょう。

離婚がめんどくさい理由

離婚は、結婚と比べて何倍もの労力を使うと言われています。一体離婚の苦労とは、どんなものなのでしょうか。

めんどくさいと感じる理由(1) 調停や裁判がめんどくさい

離婚がめんどくさいと感じる理由は、離婚調停や裁判はめんどくさいから、というものが挙げられます。
 
相手が離婚や離婚の条件に同意していないと調停や裁判になり、そうなると大変です。
 
調停は長いと1年、裁判は長いと3年かかってしまいます。

めんどくさいと感じる理由(2) 親権で揉めるのがめんどくさい

離婚がめんどくさいのは、親権について話し合いがめんどくさいというのも理由のひとつでしょう。

離婚の際、親権で揉める夫婦はとても多いので、話し合いがめんどくさいと思ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

めんどくさいと感じる理由(3) お金について揉めるのがめんどくさい

離婚にお金は付き物です。
 
特に妻がわがままだと、離婚で生じるお金について揉めるのが嫌で離婚がめんどくさいと感じることもあるでしょう。
 
離婚では主に、財産分与や養育費、慰謝料についての話し合いがめんどくさいと感じることが多いと考えられます。

めんどくさいと感じる理由(4) 離婚後の生活設計を立てるのがめんどくさい

離婚後、特に収入が少ない一方は生活水準が下がることが多いです。
 
そのため、離婚後の生活設計を建てるのがめんどくさいという理由もあるでしょう。
 
子どもを引き取れば母子・父子家庭になることもありますし、就職・転職が必要な場合もあります。

めんどくさいと感じる理由(5) 引っ越しがめんどくさい

離婚の際に引っ越しが必要な場合もありますよね。

その離婚での引っ越しがめんどくさいから離婚できないという人も中に入るはず。

引っ越しによる役所での手続きや、新しい住居探しなどにも手間がかかってしまいます。

めんどくさいと感じる理由(6) 離婚後の家事がめんどくさい

結婚時に家事の多くを配偶者にしてもらっていた人は、離婚後の家事をめんどくさいと感じるでしょう。

食事の支度や掃除、洗濯など、家事は意外とやることが多いです。

離婚したら一人でしなくてはならないので、めんどくさいと思ってしまいます。

めんどくさいと感じる理由(7) 周囲への離婚の説明がめんどくさい

離婚後の周囲への報告や、経緯の説明がめんどくさいから離婚できないということも挙げられます。
 
特に、一方は名字が旧姓に戻る場合もあるので、職場や友人、親戚など各方面へ何度も説明しなければいけないのはめんどくさいのかもしれません。

めんどくさいと感じる理由(8) 離婚後の手続きがめんどくさい

離婚後には様々な手続きが必要ですが、それがめんどくさいから離婚できないということもあるでしょう。
 
特に名字が変更したら各種名義変更が必要な場合があるので、多くの書類を準備する必要があります。
 
親権を得た場合、子の氏の変更手続きが必要な場合もありますし、子の転校が必要な場合もあります。

めんどくさいと感じる理由(9) 離婚を考えること自体がめんどくさい

妻がわがままで離婚の話し合いがめんどくさい場合など、全てを踏まえ離婚を考えること自体がめんどくさいという人も多いはず。
 
離婚するかどうかを悩んだり、離婚協議やその後の手続きについて考えること自体がめんどくさいとなかなか離婚は進みません。

離婚がめんどくさいと思ったときは弁護士に相談すべき?

離婚の話し合いがめんどくさいと思ったり、妻がわがままで話し合いができないなどの場合には、やはり弁護士に相談すべきなのでしょうか?

弁護士に相談すべき?(1) 自分に代わり代理人として交渉してくれる

離婚がめんどくさいときには弁護士に相談をすれば、自分の代わりに配偶者と交渉をしてくれます。
 
そのため、時間や労力の節約になりますので、離婚のめんどくさい気持ちが少し軽減するのではないでしょうか。

弁護士に相談すべき?(2) 弁護士は法律の専門家

離婚がめんどくさいという悩みを相談する場合、離婚経験者などの方が安心しますよね。
 
離婚の経験はない人が多いですが、弁護士は何件もの離婚代理人の経験があるので、知識や経験も豊富です。
 
法律の専門家なので、安心して離婚がめんどくさいという悩みを相談できるはず。

弁護士に相談すべき?(3) 書類の作成等の手続きも依頼できる

弁護士には、離婚に関するめんどくさい書類作成等の手続きを依頼することも可能です。
 
公正証書や調停の陳述書などの法的書類を一から作るのは、時間と労力がかかります
 
不備があり後から再度トラブルになるリスクもあるので、前もって避けておきたいところ。

弁護士に相談すべき?(4) 精神的なサポートになる

離婚がめんどくさいのは、様々なことを考える必要があり、精神的にも辛いというのも理由ですよね。
 
そんなめんどくさい離婚を、知識と経験のある弁護士に依頼することで、不安を和らげることもできます。
 
離婚時の精神的な支えにもなってくれるはずですよ。

弁護士に相談すべき?(5) 弁護士費用の相場

離婚がめんどくさい時に弁護士に依頼をすると、当然費用がかかります。
 
ただし慰謝料の見込める額によっては、弁護士に依頼するほうが得する場合も少なくありません
 
離婚がめんどくさいという場合でも、まずは相談を。

離婚を考えるのがめんどくさいでお悩みの方は以下の記事もおすすめです

離婚はめんどくさい?離婚のめんどくさい理由9つと簡単な離婚方法のまとめ

妻や夫がわがままで離婚の話し合いができなかったり、めんどくさいという理由で離婚話が進まない場合についてみてきました。
 
離婚がめんどくさいと感じるのは、離婚に関する手間や不安が多いからかもしれません。
 
離婚に関する手間や不安は、弁護士に依頼することで、大きくカバーすることができます。
 
離婚で思い悩んだときには、まずは相談をしてみましょう。
 
専門的なアドバイスを受け、離婚を現実に近づけてください

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部